<< 今日のおとこざわ日記 Jan 09 | main | 今日のおとこざわ日記 Jan 10 >>

ジェットコースターのような8年間、伝説のキャバ嬢「胡桃」

若い女の子のなりたい職業の上位に、最近は「キャバ嬢」が入っているそうですね。

オシャレができて、手っ取り早く稼げる、と思うのでしょう。

書店で見て、気になっていた立花胡桃著「ユダ」を読みました。

気になっていたというのは、副題に「伝説のキャバ嬢『胡桃』、掟破りの8年間」とあったので、若い女性の上昇志向や金銭を男から巻き上げるテクニックとか興味本位で覗いてみたかったから。

ちょっと調べてみたら、いまは引退して、テレビのコメンテーターとかタレント業なんですね。

話はおもしろくて、高校のときに中絶を経験し当の男にふられてしまうとか、専門学校生になってから、スカウトに誘われるままキャバクラに入店。すぐにナンバーワンになるとか、店を転々として、金になる客をつかむとか、キャバ嬢同士のかけひきとか、男とのビジネスと恋愛の虚々実々のかけひきとか、ジェットコースターのような展開はなかなか刺激的でした。

金銭感覚、恋愛感覚は常軌を逸してしまうのは、仕事柄仕方ない。
神経と人生をすり減らして生きてきた感じがして、かわいそうに思えます。

文章とエンディングは褒められたものではなくて、読後感はまずますでしたが、ひとりの若い女性の懸命な生き方を聴くという意味では、おすすめできます。

ところで、キャバクラに通う客のうち、総額3000万円を使いながら最後にふられるプログラマー、新潟から夜行バスで年2回だけ彼女に会うために上京する身体障害者の話は、切ないなあ。

今日は成人式だけれど、恋人がいない、異性と付き合ったことがないという若者が増えているそうです。
ほんとうの恋愛しなさいな。
 


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/05/26 6:18 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
おとこざわの本棚
漫画の新聞
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM